OnemakerのFXブログ

普通の個人トレーダーがFXについて綴っていきます

資産運用とギャンブルの共通点

 私は、株取引やFXの経験を積む過程で、それら資産運用と、競馬・パチンコなどのギャンブルとの共通点に気が付きました。

 

 それは、「将来、儲かるか儲からないか分からない不確実な物事に、自己資金を賭ける。」という点において、投資信託、株式、FXなどの金融商品取引と、競馬、パチンコなどのギャンブルは全く同じ行為だということです。

 

 自分が初めて株式口座を開いた当時は、株がギャンブルだとは思っていませんでした(思いたくもなかった)し、それまで、競馬やパチンコの経験も無かったので、ギャンブルとは何か?ということを全く理解していませんでした。

 

 その後、株取引やFXである程度の経験は積んだけれど、まだ出口の見えない頃に、何かトレードのヒントになることはないかと、競馬やパチンコをやってみて、初めてどちらも基本的な仕組みは同じであることに気が付きました。

 

 トレードの経験が生きたのか、パチンコは1年以上続けて、累計収支はプラスで終えましたし、競馬は現在もたまにやりますが、こちらも累計収支はプラスを維持しています。

 

 自分がFXで大負けしなくなってきたのは、パチンコや競馬を経験してからしばらく後です。

 

 最初から、資産運用とギャンブルは同じものという心構えがあれば、負け続けて苦労していた期間をもう少し短くできたのに、と思います。