OnemakerのFXブログ

普通の個人トレーダーがFXについて綴っていきます

ロスカットについて

(証拠金不足による強制ロスカットと混同しやすいですが、ここで述べているロスカットは、自分の意思で置くストップ(逆指値)注文のことです)

 

 私は、エントリーの注文を出す際は、必ずセットでロスカットのためのストップ注文を付けるようにしています。

 

 理由は、ロスカットをしなければ、レートが大きく逆行した際に、損失が際限なく膨らんでしまうからです。

 

 また、一度置いたストップ注文を、損失が広がる方向に変更することは、絶対にありません。

 

 損失が広がる方向への変更を許すと、やはり損失が際限なく膨らんでしまうからです。

 

 私も初心者の頃は、負けを認めたくないため、なかなかロスカットができずに大負けすることがありましたが、現在は、逆行したら躊躇せずロスカットができるようになりました(正確には自分の意思に関係なく、出してあるストップ注文が執行されてしまうのですが)。

 

 ネット上で、「いつか戻ってくるので、このポジションはロスカットしません。」と公言している初心者トレーダーの方を見かけますが、「いずれ大負けするだろうな」、と思って見ています。

 

 ロスカットが完璧にできるようになっても、それだけで勝てるわけではありませんが、ロスカットができないトレーダーは、遅かれ早かれ退場することになるでしょう。